中古車査定

中古車査定前に行う簡単な事

中古車売却したい車を、査定して貰う前に洗車をして綺麗にする事は、プラス査定が出易くなる効果的な方法です。
人は見た目の印象でかなりの影響を受けてしまいます。
中古車売却においても同じ事が言えます。

 

中古車買取り業者の査定員に、中古車売却する車を最初に一目見たときに綺麗だと思わせましょう。
第一印象がとても大事です。

 

この車は大事に乗られてきた車だと思って貰えると細かい傷や小さな凹みも影響を最小限に抑えた買取り査定をしてくれる可能性が高くなります。
外観や車内が全体的に一目見ただけで汚れていると分かる様な状態であると第一印象がとても悪くなります。
印象が悪いと細かい傷や小さな凹みも厳しく見られマイナス査定となってしまう可能性が高くなります。

 

全体的に買取り金額も下がってしまうでしょう。

 

車を査定して貰う前に、丁寧に洗車をしておくと良いです。

車体の洗車や車内の掃除機掛けをする。
フロアマットやハンドル、シフト回り等を綺麗にする等、買取り査定前に中古車売却する車を綺麗にしておく事は最低限のマナーです。
さらにワックス掛けも非常に効果的です。
小さく浅い傷なら目立たなくなるので見た目も良くなり買取り査定においても好印象を与える事が出来ます。

 

又、装備品以外の査定に不必要な私物等は車外に出しておきます。

 

査定時に室内やトランクに多くの荷物が有ると査定の邪魔となりマイナス評価になりかねません。
出来るだけ車内には無駄な荷物を置いたままにしない様にしましょう。

 

車査定に出す前には洗車等の事前準備を万全にしておき、自信を持った状態で査定を受ける事が大事です。


中古車査定はどこで受ける?

中古車の査定は、もちろん一括査定で受けましょう
オススメの査定サイトをご紹介しておきます。

 

どの中古車査定サイトも信頼のおける大手です。
是非ご利用ください

 


中古車を高く買取してもらえる時期はある?

お車は、車種によって高く買取ってもらえるシーズンがあります。
少しでも車を高く売る方法。
それは、車を高くても買いたいと思う人が増える時に売ることです。
つまり、世の中のニーズを考慮して、売るのです。

 

例えば、オープンカーは、冬には乗りませんね。
爽やかな風を切りながら走りたいと思うでしょう。
ですから、オープンカーは冬に売ると価格は低めになります。
是非、春から夏にかけて買取してもらいましょう。

 

反対に、冬は雪や道路状態の悪い時でも、元気に走ってくれる車種に人気が集まります。

4WDも人気がありますし、人気の自動車メーカーのものかどうかも判断材料になるとのことです。

 

又、昨今のガソリン高騰やエコブームから、燃費の良い車が好まれる傾向があります。
今は、本当に驚く程低燃費の車がどんどん出てきていますね。
燃費の良さから言うと軽自動車も同様、買いたい人が多いです。

 

あなたのお車はどのタイプでしょうか。

 

それでもよくわからないのであれば、春先に売るのをお勧めします。
春は、新入学、新入社シーズンです。
よって、引っ越する人も多く車が必要になります。
通勤通学用に購入したい人も増えるでしょう。

 

多くの車の需要がある時が、狙い目です。

比較的高めに買取ってもらえますよ。

 

最後に、残念ながら買取に向かない車種もあることを付け加えます。
国産のセダンの人気はいまひとつです。
査定してもらっても、高額は望めないでしょう。
下取りに出した方が良いケースもあります。

 

でも最終的には、売りたい時期、買い替えたい時期に売るのが一番です。
時期も大事ですが、やはり一括査定で中古車を売る方法で行えば、高く売れますからね。


一度提示された査定価格が短期間で下がる事はある?

車の買取店で査定を受けると見積り額が提示されるのですが、大抵はその場で売却を決めずに他の中古車買取店を回る事になります。

 

ただ一度提示された査定価格は絶対的なものではなく、なにかのきっかけでその金額が下がる事もあるといいますが、短期間で下がるというケースはあるのでしょうか。

 

これは一度車の売却を経験してみなければ分らないことですが、一度提示された査定価格が短期間で下がるというのは往々にしてあるもので、ケースによっては5万や10万円という非常に大きな単位で下がる事もしょっちゅうあるのです。

 

ではこれには一体どのような訳があるのでしょうか?

 

そもそも中古車の買取価格相場というのは市場価格の上下により大きく左右されるものなのですが、市場全体の中古車の流通量が一日単位で変わる事もあります。

 

その一例を挙げると、モデルチェンジがそろそろ出るような車種の場合は、モデルチェンジ後の価格の下落を避けようと中古車業界で一気に売却数が伸びる事もあるのです。
相場の調整が入るのです。

 

本来は需要と供給のバランスの上で価値が形成されるのに、需要以上に供給数が増えてしまえば車はあぶれがちになり、その結果として価値をおおきく下げる事に繋がるのです。
これはあくまで一例であり、このほかにも価値が大きく上下するきっかけというのは様々ありますので、一度提示された査定価格が短期間で下がるという事態に巻きこまれないよう、査定価格の有効期限には注意が必要であるといえます。